HOME>ホットトピックス>マンションであっても住み心地を重視することができる

付加価値がついている

一口に横浜エリアの賃貸マンションとはいっても、外装・内装、居住者向けとなる共有できるサービスの内容まで、様々な違いがあります。例えば、バリューアップというように、住み心地や資産価値をアップさせることも賃貸マンションごとにあります。オートロック・宅配ボックス・防犯カメラの設置は、プライバシー保護に役立つものです。屋上に太陽光パネルを設置したり、光ファイバーケーブルの敷設なども見受けられます。個人による賃貸マンションの投資において、若者、特に一人暮らしをターゲットに住み心地を提供しており、宅配ボックスよりもワンランク上の有償サービスが、コンシェルジュ(警備員)をおくというものです。

ワンランクアップされている

横浜の賃貸マンションでも、装備に違いもみられます。無償と有償という違いもあり、賃貸でありながらもワンランク上の住み心地を得られるのが特徴です。どんな違いなのか、それは床暖房や天井のダウンライト、家具や家電付きなど、標準装備されるにも家賃が若干高め設定になりがちな設備の違いです。

購入せずに済む

横浜らしさを謳う賃貸マンション、お金がかかった内装や設備のグレードがポイントのようです。例えば、キッチンだけでいっても、天板を大理石にしてあったり、キッチンの高さが居住者によって自由に変えられたり、食洗機や冷蔵庫なども最新、有名メーカーのものなどが採用されています。価格は割高だから、ムリに購入したくない、そうした居住者の理想を叶える設備であるのが特徴です。

広告募集中